Hatena::Grouppostgresql

PostgreSQL 雑記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-09-11最適化≒ハードウェアの活用 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

Executor の拡張性については、「それを拡張しようと考える hacker が世界に何人いるだろう?」という話のような気がします。また、ものすごく役に立つ拡張モジュールであれば、むしろ本体パッチとして提案してよ、ってのもあるかもしれません。

個人的には、昨今のハードウェアCPU 処理面な性能向上を目指すのならば、計算を減らすよりも、「いかに CPU スケーラビリティを高めるか」や「いかに SIMD で処理するか」にかかっているような気がします。例を挙げれば、Falcon ストレージエンジンは速く「なりそうな」設計をがんばってはいたものの、さっぱり CPU スケーラビリティが上がらず、結局は InnoDB を凌駕することはできなったみたいですし。

いっそのこと、OpenCL でも使って、複数行を一括で JOIN したり、ビットマップインデックスの重ね合わせを高速で捌いたり、というのはいかがでしょう? データベースだとデータ配置が複雑なのでどこまで上手くいくかは分かりませんが。