象と戯れ

 | 

2008-06-01

A wrapper of PITR / Real Replication

22:42 | A wrapper of PITR / Real Replication - 象と戯れ を含むブックマーク はてなブックマーク - A wrapper of PITR / Real Replication - 象と戯れ

最近あまりメールを追いかけていなかったもので

Core team statement on replication in PostgreSQL - iakioの日記 - postgresqlグループ

経由で知りましたが、8.4のリリースまでにPostgreSQLレプリケーションを組み込む、と。

で、がんばってメールを頭から読んでるわけですが、真ん中ぐらいで力尽きております。

コメントにishiiさんが書き込んでいるように、

レプリケーションと言うよりは,warm standbyというのが正解ですが

というところみたいですね。

Tome Laneから

> It looks like a wrapper for PITR to me, so the gain would be ease of

> use.

A couple of points about that:

* Yeah, ease of use is a huge concern here. We're getting beat up

because people have to go find a separate package (and figure out

which one they want), install it, learn how to use it, etc. It doesn't

help that the most mature package is Slony which is, um, not very

novice-friendly or low-admin-complexity. I personally got religion

on this about two months ago when Red Hat switched their bugzilla

from Postgres to MySQL because the admins didn't want to deal with Slony

any more. People want simple.

* The proposed approach is trying to get to "real" replication

incrementally. Getting rid of the loss window involved in file-by-file

log shipping is step one, and I suspect that step two is going to be

fixing performance issues in WAL replay to ensure that slaves can keep

up. After that we'd start thinking about how to let slaves run

read-only queries. But even without read-only queries, this will be

a useful improvement for HA/backup scenarios.

http://archives.postgresql.org/pgsql-hackers/2008-05/msg00955.php

ちうことらしいので、段階的にレプリケーションらしきものができていくと。最初の段階は8.4に併せて今のPITRを標準的に使えるようにすることらしいです。それにしてもPostgreSQLにこれだけコミットしているTom Laneからすれば、大企業とはいえ自社のシステムがMySQLに切り替えられるとは、応えるでしょうね。。。

まあ正直自分も製品でPITRを試せるか検討したとき、今のドキュメントを読む限り無理だわ、と思った一人であります。

そして全部読めていないので間違っていたらごめんなさい。

ちなみに件のishiiさんからのコメント

Pgcon2008で発表されたNTT OSSプロトタイプ

というのは、おそらくこれかな。Ottawa楽しそう。

 |